利用規約


<ローカロ生活 ご利用規約>
本規約は、株式会社アイケイ(以下、「弊社」という。)が運営するサイト「ローカロ生活」に含まれる全てのサービス(以下、「本サービス」という。)を利用する者(以下、「利用者」といいます。)全員に、本サービスの利用に関して生ずる全ての関係に適用されるものとし、本サービスをご利用頂いた時点で、本規約の内容を承諾頂いたものとみなす。


第1条(規約の適用)

1: この「ローカロ生活 利用規約」(以下、「本規約」といいます。)は、弊社が運営するサイト「ローカロ生活」に含まれる情報提供サービスと弊社によって提供される各種インターネットサービス(それらを総称して以下、「本サービス」といいます。)の利用に対して適用されるものとする。

2: 本規約とは別に、弊社が別途定める諸規定は、それぞれ本規約の一部を構成するものとする。

3: 本規約の規定と前項の諸規定の内容が異なる場合には、当該諸規定の内容が優先して適用されるものとする。

4: 弊社が、本サービスを利用者に対して発する第3条所定の通知は本規約の一部を構成するものとする。


第2条(規約の変更)

1: 弊社は利用者の了解を得ることなくこの規約を変更することがある。この場合に、本サービスの利用条件は、変更後の「ローカロ生活 利用規約」によるものとする。

2: 変更後の規約は、弊社が別途定める場合を除き、「ローカロ生活」のサイト上に表示した時点より、効力を生じるものとする。


第3条(弊社からの通知)

1: 弊社は、「ローカロ生活」のサイト上の表示その他弊社が適当と判断する方法により、会員に対し随時必要な事項を通知するものとする。

2: 前項の通知は、弊社が当該通知の内容を「ローカロ生活」のサイト上に表示した時点より効力を発するものとする。


第4条(利用に際して)

1: 「ローカロ生活」における情報等の内容の信頼性、真実性、正確性、妥当性、完全性、適法性、第三者の権利を侵害していないことその他の性質について、利用者の判断および責任において利用することに同意するものとする

2: 利用者は、本サービス利用する為に必要な通信機器・ソフトウェア・ 公衆回線、その他これらに付随して必要となる全ての機器を、自己の費用と責任において準備し、本サービスが利用可能な状態に置くものとする

3: 利用者は、本サービス利用に支障をきたさないよう、設備等を自己の責任において維持管理することに同意するものとする。


第5条(著作権等)

利用者は、本サイトより与えられる弊社が利用者に提供する情報(映像・音声・文章・写真・ソフトウェアを含む)が、 著作権、特許権、商標権、もしくは他の知的財産権及び法律により保護されている事を認め、また同意するものとする。


第7条(広告主との関係)

サービス中に広告、宣伝を行っている広告主との取り引きは、利用者と当該広告主の責任において行うものとする。つまり、関係商品・サービス等の支払い・引渡し、契約条件の決定、保証、担保責任などはすべて利用者と広告主が当事者として責任を負うこととする。弊社は、本サービス内で掲載されている広告によって行われる取り引きに起因する損害および広告が掲載されたこと自体に起因する損害については一切責任を負わないものとする。


第8条(禁止事項)

利用者は、本サービスの利用に際して、以下の行為を行うことを禁止するものとする。

(1) 弊社、他の利用者もしくは第三者の著作権、商標権、特許権、実用新案権、意匠権、肖像権、パブリシティ権、プライバシー権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為

(2) 本サービスにより利用しうる情報を改ざん・消去する行為、もしくは事実に反する情報を送信・掲示する行為

(3) 弊社、他の利用者もしくは第三者を差別もしくは誹謗中傷し、または名誉もしくは信用を傷つける行為

(4) 犯罪的行為、または犯罪的行為に結び付く行為もしくはその恐れのある行為

(5) 他の利用者または第三者になりすまして、本サービスを利用する行為

(6) 無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、またはそれを勧誘する行為

(7) わいせつまたは児童虐待にあたる画像、文書などを送信・掲載する行為

(8) 選挙運動またはこれに類似する行為、公職選挙法に違反する行為

(9) 「ローカロ生活」の運営を妨害する行為

(10) コンピュータウイルスなど有害なプログラムを使用もしくは提供する行為、または推奨する行為

(11) 本サービスに接続されている他のコンピュータ・システムまたはネットワークへの不正アクセスを試みる行為

(12) その他法令もしくは公序良俗(売春・暴力・残虐など)に違反し、または弊社、他の利用者または第三者に不利益を与える行為

(13) 前各号に定める行為を助長する行為

(14) その他、弊社が不適切と判断した行為


第9条(本サービス提供の中断)

弊社は、次のいずれかに該当する場合には、利用者に事前に通知することなく、本サービスの全部もしくは一部の提供を、一時的に中断することがあるものとする。

(1) 本サービスのシステムに障害が発生し、やむを得ない場合

(2) 本サービスのシステムの保守または工事のため、やむを得ない場合

(3) 戦争、暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態により、本サービスの提供が困難と弊社が判断した場合

(4) その他、運用上または技術上弊社がサービスの一時的中断が必要と判断した場合


第10条(本サービスの終了)

弊社は相当の通知期間をもって会員に通知の上、本サービスの全部もしくは一部を終了することができるものとする。この通知は本サービスのサイト上での掲示によるものとする。また、この通知を行った後に本サービスを終了した場合に会員に対して弊社は本サービスの終了に伴う損害、損失、その他の費用の賠償または補償を免れるものとする。弊社は相当の通知期間をもって会員に通知の上、本サービスの全部もしくは一部を終了することができるものとする。この通知は本サービスのサイト上での掲示によるものとする。また、この通知を行った後に本サービスを終了した場合に会員に対して弊社は本サービスの終了に伴う損害、損失、その他の費用の賠償または補償を免れるものとする。


第11条(個人情報の使用)

1: 弊社は、利用者が本サービスを利用する過程において弊社が知り得た個人情報(ログデータ、購入履歴等)を「ローカロ生活」及びこれに関連するサービスを運営する目的のために使用することができるものとする。

2: 前項の規定に拘わらず、弊社は、個人情報を別途サイト上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとし、以下の各号に定める目的に利用することができるものとする。

(1) 本サービスのサービス向上等の目的で個人情報を集計および分析等する場合

(2) 前号の集計及び分析等により得られたものを、個人を識別または特定できない状態にて提携先等の第三者に開示または提供する場合

(3) 本サービスに関わる部分の営業譲渡が行われ、譲渡先に対して法的に権利義務一切が引き継がれる場合

(4) その他任意に利用者等の同意を得た上で個人情報を開示または利用する場合

(5) 裁判所の発する令状その他裁判所の決定、命令または法令に基づき開示する場合

(6) 検察・警察・監督官庁からの適法・適式な情報の照会があった場合

(7) 弊社の利益を守るために必要性があると弊社が判断した場合


第12条(個人情報の保護)

弊社は個人情報を適切に保護し、弊社が別途サイト上に掲示するプライバシーポリシーを遵守します。


第13条(免責事項)

本サービスにおける会員もしくは弊社の設備機器やデータ、コンピュータ・プログラム等が、滅失、毀損、漏洩、その他本来の利用目的以外に使用されたとしても、その結果発生する直接あるいは間接の損害について、弊社はいかなる責任も負わないものとする。また、本サービスを提供するサーバー内のデータが、滅失、毀損、漏洩、その他本来の利用目的以外に使用されたとしても、その結果発生する直接あるいは間接の損害について、弊社はいかなる責任も負わないものとする。弊社は、本サービスの稼働が中断されることがないこと、もしくはその実行に誤りがないこと、または、すべての誤りが修正されること、コンピュータウィルス等他人の業務を妨害するあるいはそのおそれのあるコンピュータ・プログラムを防御し得ること、天災・事変その他不測の事態に充分備え得ることを保証するものではない。弊社はいかなる場合であっても、弊社の責めに帰すことのできない事由から生じた損害、弊社の予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、逸失利益、第三者からの賠償請求に基づく会員の損害については、責任を負わないものとする。本サービスを会員が利用することについて、その結果発生する直接あるいは間接の損害について、弊社はいかなる責任も負わないものとする。本サービスにおける会員もしくは弊社の設備機器やデータ、コンピュータ・プログラム等が、滅失、毀損、漏洩、その他本来の利用目的以外に使用されたとしても、その結果発生する直接あるいは間接の損害について、弊社はいかなる責任も負わないものとする。また、本サービスを提供するサーバー内のデータが、滅失、毀損、漏洩、その他本来の利用目的以外に使用されたとしても、その結果発生する直接あるいは間接の損害について、弊社はいかなる責任も負わないものとする。弊社は、本サービスの稼働が中断されることがないこと、もしくはその実行に誤りがないこと、または、すべての誤りが修正されること、コンピュータウィルス等他人の業務を妨害するあるいはそのおそれのあるコンピュータ・プログラムを防御し得ること、天災・事変その他不測の事態に充分備え得ることを保証するものではない。弊社はいかなる場合であっても、弊社の責めに帰すことのできない事由から生じた損害、弊社の予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、逸失利益、第三者からの賠償請求に基づく会員の損害については、責任を負わないものとする。本サービスを会員が利用することについて、その結果発生する直接あるいは間接の損害について、弊社はいかなる責任も負わないものとする。


第14条(損害賠償の請求)

利用者が本規約に反した行為または不正もしくは違法に本サービスを利用することにより、弊社に損害を与えた場合、弊社は該当利用者に対して相応の損害賠償の請求(弁護士費用を含む)を行う場合があるものとする。


第15条(準拠法・管轄裁判所)

本規約は、日本法に従って解釈され、利用者と弊社との紛争については、弊社の本社所在地を管轄する裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とする。


第17条(附則)

平成18年1月5日 制定・施行



<ローカロ生活 会員規約>
本規約は、株式会社アイケイ(以下、「弊社」という。)が運営するサイト「ローカロ生活」に含まれる全てのサービス(以下、「本サービス」という。)において、会員が本サービスを利用する一切に適用するものとする。また、会員登録申込み手続きを完了した時点で、本規約の内容は承諾されたものとみなす。

第1条 (定義)

本規約において使用する用語の定義は、次の通りとします。
「弊社」 株式会社アイケイ
「本サービス」 弊社が運営するサイト「ローカロ生活」に含まれる全てのサービス
「会員」 本サービスを利用し、弊社と会員契約を締結している個人、または組織、または法人
「会員ID」 会員登録時に、本サービスを利用する会員が任意に指定する英数字(最大半角32文字)を言い、弊社が会員の認証を行う為の識別枝として使用されるもの
「登録情報」 会員登録や本サービスの提供を受ける目的で、会員が弊社に提供した一切の情報


第2条 (会員ID、およびパスワードの取り扱い)

会員IDおよびパスワードの管理は、会員の責任において行うものとし、IDならびにパスワードを利用して行われた行為の責任は、不正に使用された場合においても、会員の故意・過失の有無に関わらず、当該会員IDを保有している会員の責任とみなす。また、会員がサービスの利用を一時的に終了する際は、その都度ログアウトするものとする。弊社は、会員IDならびにパスワードの漏洩、不正使用に起因する直接的または間接的な損害に関する一切の責任は負わないものとする。


第3条 (プライバシーポリシー)

本サービスを利用する会員の登録情報の取り扱いについては、弊社が別途サイト上に掲示するプライバシーポリシーに基づいて取り扱われるものとする。


第4条 (責任及び注意義務)

会員は、自己の責任において本サービスを利用するものとし、会員が提供もしくは公開する情報について、全ての責任を負うものとする。また、会員は弊社に対し、他人の著作物等を利用したことなどが原因で、紛争や損害賠償の請求などが起こった場合の損害および責任について、一切を免責するものとする。


第5条 (禁止行為)

会員の本サービスの利用にあたって、弊社は以下の行為を禁止する。会員がこれらの禁止行為を行った場合、弊社は予告無く当該会員のサービスの利用を停止する、もしくは、当該会員の会員IDを削除する場合がある。また、禁止行為によって、弊社もしくは第三者が損害を被った場合は、当該会員はこれを賠償するものとする。

・本規約に反する行為

・法律・規則・条令等の制定法に反する行為、またはその恐れのある行為

・第三者の名誉、信用、プライバシー等の人格的利益を侵害する行為、またはその恐れのある行為

・弊社、または第三者の所有権、著作権を含む一切の知的財産権、肖像権、パブリシティー権等の正当な権利を侵害する行為

・犯罪行為、あるいは犯罪行為をあおる行為、もしくはその恐れのある行為

・第三者への成りすまし行為

・アダルト向けコンテンツ、出会い系・援助交際・売春等の情報を含むサイト、暴力・虐待表現を含むサイト、その他公序良俗に反する表現・内容を含むサイトを運営する行為

・弊社が認めていない広告を含むサイトを運営する行為

・虚偽の情報を意図時に提供する行為、もしくはその恐れのある行為

・会員ID、およびパスワードの不正使用 ・本サービスの運営を妨げる行為、もしくはその恐れのある行為

・その他弊社が不適切であると判断する行為


第6条 (リンクについて)

弊社は、本サービスの中から他のウェブサイト等へのリンク、会員又は第三者が他のウェブサイト等へリンクを提供している場合、弊社は当該サイトを管理していない関係上、他のウェブサイトの利用(使用)可能性については一切の責任を負わないものとする。 弊社は、リンクされた他のウェブサイト等での利用(使用)が可能となっている、コンテンツ、広告、商品、サービス等などに起因又は関連して生じた一切の損害についての責任は負わないものとする。


第7条 (免責)

本サービスにおける会員もしくは弊社の設備機器やデータ、コンピュータ・プログラム等が、滅失、毀損、漏洩、その他本来の利用目的以外に使用されたとしても、その結果発生する直接あるいは間接の損害について、弊社はいかなる責任も負わないものとする。 また、本サービスを提供するサーバー内のデータが、滅失、毀損、漏洩、その他本来の利用目的以外に使用されたとしても、その結果発生する直接あるいは間接の損害について、弊社はいかなる責任も負わないものとする。 弊社は、本サービスの稼働が中断されることがないこと、もしくはその実行に誤りがないこと、または、すべての誤りが修正されること、コンピュータウィルス等他人の業務を妨害するあるいはそのおそれのあるコンピュータ・プログラムを防御し得ること、天災・事変その他不測の事態に充分備え得ることを保証するものではない。 弊社はいかなる場合であっても、弊社の責めに帰すことのできない事由から生じた損害、弊社の予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、逸失利益、第三者からの賠償請求に基づく会員の損害については、責任を負わないものとする。 本サービスを会員が利用することについて、その結果発生する直接あるいは間接の損害について、弊社はいかなる責任も負わないものとする。


第8条 (本サービスの終了)

弊社は相当の通知期間をもって会員に通知の上、本サービス及び本サービスの一部を終了することができるものとする。この通知は本サービスのサイト上での掲示によるものとする。また、この通知を行った後に本サービスを終了した場合に会員に対して弊社は本サービスの終了に伴う損害、損失、その他の費用の賠償または補償を免れるものとする。


第9条 (データの削除)

弊社は、会員が発信もしくは登録したデータが、以下の事項に該当すると判断した場合、当該データを削除することができるものとする。但し、弊社は、データの削除義務を負うものではない。

(1) 本規約で禁止する行為に該当する場合。

(2) 本サービスの保守管理上必要であると弊社が判断した場合。

(3) データの容量が弊社の機器の記録容量を超過した場合。

(4) その他、弊社が削除の必要があると判断した場合。

弊社は、本条の規定に従いデータを削除したこと、またはデータを削除しなかったことにより会員もしくは第三者に発生した損害、損失について、一切責任を負わないものとする。


第10条(財産権)

本サービスを構成する素材(文字、写真、映像、音声等)に関する一切の権利(所有権、知的財産権、肖像権、パブリシティー権等)は、弊社または当該権利を有する第三者に帰属するものとする。 また、本サービスおよび本サービスに関連して使用されている全てのソフトウェア(以下「ソフトウェア」という)は、知的財産権に関する法令等により保護されている財産権および営業秘密を包含しているものとする。 サービスまたは、広告中に掲載、提供されているコンテンツは、著作権法、商標法、意匠法等により保護されているものとする。 会員は、弊社、提携先、広告主に事前の文書による承諾を受けた場合を除いて、本サービスもしくはソフトウェアまたはそれらに包含される内容(一部あるいは全部を問わず)を複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、使用許諾、転載、再利用しないことに同意するものとする。また、会員が本条項に違反した場合には、当該コンテンツ、個々の情報(データ)、情報(データ)の集合体、ソフトウェアおよびそれらを複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、使用許諾、転載、再利用物の利用(使用)を弊社が差止する権利ならびに当該行為によって会員が得た利益相当額を弊社が請求することができる権利を有することに、会員はあらかじめ承諾するものとする。 会員は、弊社よって会員に提供されているインターフェイス以外の手段を用いて、サービスにアクセスしてはならないものとする。 会員は、当該権利を侵害して問題が発生した場合、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、弊社に何等の迷惑又は損害を与えないものとする。


第11条 (規約の変更)

弊社は、会員の事前の承諾なく本規約を独自の判断により変更および改定することができるものとする。最新の会員規約は、本サービスのサイト上で常に参照できるものとする。会員は、変更および改定の不承諾および不知を申し立てることはできないものとする。会員は、変更および改定された本規約に同意できない場合は、弊社が定める所定の方式により、会員IDの削除を行うものとする。また、弊社は、会員に対して本規約の変更および改定に起因する直接的または間接的な損害に関して一切責任を負わないものとする。


第12条 (準拠法・裁判管轄)

本規約は、日本法に従って解釈され、弊社と会員との紛争については、弊社の本社所在地を管轄する裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とする。



<ローカロ生活 ポイントご利用規約>
第1条 (ローカロ生活ポイントとは)

ローカロ生活ポイントとは、一定の特典を提供するポイントです。ローカロ生活ポイントに入会するための入会金や年会費等の費用は一切発生しません。会員に付与されるローカロ生活ポイント(以下「ポイント」といいます)は、一定の条件を満たせばローカロ生活が定める特典を受けることができるものですが、ポイント付与によってローカロ生活と会員の間に具体的な権利義務が発生することはありません。なお、ローカロ生活ポイントをご利用される場合には本ポイントプログラムに同意したものとみなします。


第2条 (ローカロ生活ポイントの特典を受けられる方)

1. ローカロ生活ポイントの特典を受けられる対象者(以下「会員」といいます)は、ローカロ生活IDを登録している方となります。

2. ポイントの付与を受けて特定の特典を享受するまでの間、会員は、ポイントが付与された当該会員IDを継続して保有する必要があります。

3. 会員IDを用いてローカロ生活のサービスを利用される場合には、それぞれのサービスに定められた利用規約が適用されます。サービスのご利用に際してそれらの利用規約に違反した場合には、会員IDの利用が停止され、ポイントプログラムにしたがって当該会員IDに付与されたポイントの利用ができなくなることがありますのでご注意ください。


第3条 (ポイントプログラムの適用)

ポイント付与に際しては当該ポイント付与時のポイントプログラムが適用され、特典の利用に際しては当該特典利用時のポイントプログラムが適用されます。


第4条 (ポイントの付与)

1. ローカロ生活が指定するウェブサイトまたはサービスにおいて会員が指定物品の購入または指定サービスの利用等を行った場合など、ローカロ生活がポイント付与に相当であると認めた場合に、ローカロ生活があらかじめ定めたポイントを付与します。

2. ローカロ生活は、ポイント付与の対象となる取引、ポイント付与の時期、ポイント付与率、ポイントの有効期間、一定期間内に付与するポイント数の上限その他ポイント付与の条件および告知の方法をローカロ生活の裁量で定め、会員にあらかじめ告知します。

3. ポイント付与の時期は、付与対象となるサービスまたは取引ごとに一定の行為または手続等が完了しローカロ生活が定める一定期間を経た時点となります。付与対象となるサービスまたは取引のお申し込みをいただいてからポイントが付与されるまでの間に、ローカロ生活または会員が当該サービスまたは取引について解除、取消等を行った場合にはポイントは付与されません。なお、付与対象となるサービスまたは取引のお申し込みをいただいてからポイントが付与されるまでの間に仮ポイントを発行することがあります。仮ポイントとは、暫定的に発行されるポイントで、本項前段に定める要件を満たした場合に正式なポイントとして付与されます。したがって、仮ポイントは特典を享受するために利用することはできません。仮ポイントが付与された場合、ローカロ生活が定める方法で仮ポイント残高を確認することができます。

4. 付与されるポイントが付与対象となるサービスまたは取引の価格によって決定される場合に、付与対象となるサービスまたは取引において価格の割引、ポイント利用等を受けた場合には、原則として割引適用後の価格がポイント付与の取引額となります。また、付与対象となるサービスまたは取引の価格に、消費税等の公租公課が付加されている場合には、それらの公租公課相当額を控除した価格がポイント付与の取引額となります。

5. ポイント付与の基準を満たしている場合であっても、ポイントを付与することが適切ではないとローカロ生活が判断した会員についてはポイントを付与しないことがあります。この場合、会員はローカロ生活の決定にしたがうものとします。


第5条 (ポイントの利用)

1. 会員は、ポイントを、ローカロ生活が指定する方法で特定のプレゼントまたはサービス等の特典と交換することができます。特典の内容、交換方法等についてはローカロ生活が定める方法にて会員にあらかじめ告知されます。

2. 会員は、ポイントを、ローカロ生活が定める換算率にしたがって、ローカロ生活が指定するウェブサイトにおいて、物品等の購入代金(消費税を含みます)の全部または一部の支払いに充てることができます(以下、前項に定める特典との交換とあわせて「特典の利用」と総称します)。ポイントを決済手段として利用することができる取引、利用方法、その他の条件は、ローカロ生活が定める方法にて会員にあらかじめ告知されます。なお、換算率は、1ポイントを1円とします。

3. 第1項および第2項に定める特典の利用は、会員の申し込みに対してローカロ生活または当該特典を提供する提携会社が承諾をした場合に効力を発するものとします。

4. 選択いただいた特典によっては、他の特典の利用と併用ができない場合やご利用できない期間があったり、特典の提供会社の都合等でご希望どおりの特典が得られない場合があります。この場合、会員の申し込みに対して行われるローカロ生活または当該特典を提供する提携会社の規約で定められる条件で特典が付与されるものとします。

5. ポイントによる特典の利用は、会員本人が申し込むものとし、会員以外の方からの申し込みはできません。なお、特典の利用にあたって、会員ID保有者であるかどうかの確認をさせていただくことがあります。

6. 会員が特典の利用を行った後に、ポイントプログラムに違反していることが判明しローカロ生活が遡及してポイントを取り消した場合は、ローカロ生活は会員に特典の返還またはポイントによって充当した代金相当額の支払いを求めることができます。この場合、会員はすみやかに特典を返還し、あるいは特典相当金額をローカロ生活に支払うものとします。

7. ローカロ生活は、会員が1か月間に利用できるポイント数の上限を設定する等、利用の制限を設けることがあります。また、当該制限を設けた場合に、この内容を変更する場合があります。

8. 郵送が必要な特典を会員が選択した場合、会員は、ローカロ生活の求めにしたがって、特典の送付先、連絡先その他の事項を届け出るものとします。また、当該特典がローカロ生活の提携会社によって提供される場合にはローカロ生活が当該提携会社に対して特典の送付先、連絡先その他特典送付に必要な事項を開示することを会員はあらかじめ承諾するものとします。特典の送付は日本国内における会員本人居住に限られます。海外、会員本人以外の第三者、私書箱への送付はできません。


第6条 (ポイントの返還)

1. 会員が、代金の支払いに代えてポイントを利用し、その後対象の取引を取り消した場合、原則として当該代金の支払いに代えて利用されたポイントは会員に返還されます。

2. 会員が、代金の支払いに代えてポイントを利用し、その後決済価格が何らかの事情で減額になった場合は、会員にポイントの返還が行われます。会員が代金の一部についてポイントを利用し、その後代金が何らかの事情で減額された場合には、まずポイントの返還が行われます。なお、ポイントによる代金返還が減額分に足りない場合、ローカロ生活または取引の相手方である第三者から返還すべきポイント数相当の現金が返還される場合があります。

3. 第2項に基づいて現金の返還がなされる場合、返還に必要な手数料を会員に負担いただくことがあります。

4. 会員が、代金の支払いに代えてポイントを利用し、その後価格が何らかの事情で増額した場合は、会員は増額分を他の支払い方法にて支払うものとします。


第7条 (ポイントの照会)

1. ローカロ生活は、ローカロ生活が付与したポイント数、仮ポイント数、使用したポイント数およびポイント残高を記録します。

2. 会員は、ローカロ生活の指定する方法により、ローカロ生活のウェブサイト上にて会員が保有するポイント数、仮ポイント数、および対象取引ごとのポイント取得数、ポイント使用数を照会することができます。

3. 前項により会員が確認できるポイント保有数(仮ポイント数を除く)が会員の利用可能なポイントの数になります。

4. 会員は、前3項により記録されている保有ポイント数等に疑義ある場合には、直ちにローカロ生活に連絡するものとします。ただし、ポイント数に関する最終的な決定はローカロ生活が行うものとし、会員はこれを承諾します。


第8条 (ポイントの譲渡禁止等)

1. 会員は、いかなる場合も、保有するポイントを第三者へ譲渡、貸与または担保提供等をし、または当該行為をしようとしてはなりません。また、ポイントは相続できません。

2. 会員は、ポイントプログラムにしたがってのみ利用することができ、会員以外の第三者に行わせ、または行わせようとしてはならないものとします。

3. 会員が複数の会員IDを保有している場合であっても、それぞれの会員IDが保有するポイントを合算すること、または同時に利用することはできません。


第9条 (ポイントの取消)

ローカロ生活は、次の場合に、会員が保有するポイントの一部または全部を取り消すことができます。

1. 付与指定サービスでのポイント獲得に関連した返品、キャンセルが発生した場合

2. ポイントプログラムおよびローカロ生活利用規約、その他ローカロ生活が定める規約またはガイドライン等に反する行為があった場合

3. 法令に違反する場合

4. その他の不正行為等、ローカロ生活が不適切と判断した場合


第10条 (ポイントの利用停止)

ローカロ生活は、会員が以下の行為を行った場合、ポイントの付与、利用等ローカロ生活ポイントのサービス提供を停止することができます。

1. 会員がローカロ生活においてサービス利用・物品購入等を行い、当該利用料等の支払いが延滞している場合

2. ポイントプログラムおよびローカロ生活利用規約、その他ローカロ生活が定める規約またはガイドライン等に反する行為があった場合

3. 会員がポイント利用の際に入力を求められるパスワードまたはセキュリティキーの入力の誤りが一定回数生じたとき

4. 法令に違反する場合

5. その他の不正行為等、ローカロ生活が不適切と判断した場合


第11条 (ポイントの失効)

ローカロ生活が、ポイントプログラム、ローカロ生活利用規約またはその他の規約等に従って会員の会員IDを削除した場合、または会員が死亡した場合には、付与されているポイントは直ちに失効するものとします。この場合、ポイントの失効に関しローカロ生活は、当該会員および第三者(当該会員との取引の相手を含む)に対して一切責任を負わないものとします。


第12条 (ポイントの有効期限)

1. ポイント(仮ポイントを除く)は付与と同時に利用可能となり、ローカロ生活が別途定める期限が到来するまでの間は有効とします。

2. ポイント有効期間内に会員がポイントの利用を行わなかった場合、付与されているポイント(仮ポイントを含む)は直ちに失効します。

3. 第1項の定めに関わらず、ローカロ生活はキャンペーンの一環として、有効期間が通常より短く設定されたポイント(以下「キャンペーンポイント」といいます)を付与配布することがあります。キャンペーンポイントは、ポイントプログラム上の通常のポイントと同じ条件で合算の上使用することはできますが、キャンペーンポイントを取得した場合であっても、会員がすでに保有している通常のポイントの有効期間には影響がありません。


第13条 (免責)

ローカロ生活は、会員がポイントプログラムおよびそれに付随するサービスを利用されることによって発生した、またはポイントプログラムや指定サービスをご利用になれなかったことによって発生した、一切の損害、損失、不利益等に対し、いかなる責任をも負わないものとします。


第14条 (プログラム内容の終了)

ローカロ生活は、社会情勢の変化、法令の改廃、その他の事情により、ポイントプログラムおよび関連するサービスを終了することがあります。この場合ローカロ生活は会員に対して利用規約で定める方法にて事前に通知するものとします。


第15条 (注意事項)

1. ポイントは、第1条に定めるとおり、一定の条件を満たせば一定の条件のもとにローカロ生活が定める特典を受けることができるというものにすぎませんから、換金することは一切できません。

2. ポイントの利用、各特典との交換に伴い公租公課が課せられる場合、当該公租公課は会員が負担するものとします。

3. 会員ID取得の際に登録した情報に変更が生じた場合は、すみやかに変更の登録を行ってください。会員が変更登録をされなかったことにより生じる損害については、ローカロ生活は一切責任を負いません。

4. ポイント利用等の際に必要な会員ID、パスワード、セキュリティキー等の機密保持および会員ID、パスワード、セキュリティキーを使用して行われたすべての行為に関しては会員が責任を負うものとします。ローカロ生活は、ポイント利用時に入力された会員ID、パスワード、セキュリティキー等が登録情報と一致することを所定の方法により確認した場合には、当該会員IDを保有する会員によるポイントの利用とみなし、第三者による不正使用であった場合であっても、会員に生じた損害について一切責任を負いません。


第16条 (他の利用規約について)

本利用規約はローカロ生活ご利用規約の一部を構成するものとします。本利用規約において特に定めのない事項については、ローカロ生活ご利用規約に定める他の規定が適用され、当該規定に従って判断されるものとします。


(注記)

1. 第5条に関し、1か月あたり利用できるポイント数は、1会員あたり10万ポイントまでとします。

2. 第12条に定めるポイントの有効期限は、ポイントの種類を問わず、最終のポイント付与日から1年間となります。

↑トップへ